ヘルパーステーションにじの郷たにやま(訪問介護事業)

ヘルパーステーションとは

訪問介護は利用者様のご自宅に伺って利用者様が住み慣れたご自宅で安心した生活をおくることができるようにお手伝いするサービスです。内容は大きく2つに分かれ、買い物やお食事の準備、ご自宅の掃除、衣類などの洗濯といった生活援助、お風呂や排泄の介助、食事の介助と言った身体介護を行うサービスがあります。

事業所の運営に関する方針

「いつまでも住みなれたわが家で、自分らしい生活をおくりたい」そんな願いを支援します。
サービスの実施にあたっては、利用者様の意思及び人格を尊重し、常に利用者様の立場に立ったサービスの提供に努め、関係市町村や地域の福祉サービス等との連携を図ります。

サービスの提供内容に関する特色等

ヘルパーステーションにじの郷たにやまでは、以下のサービスを実施します。
お一人の利用者様の生活をチーム運営方式で支え、よりきめ細やかなサービスを提供します。

○「訪問介護事業」

要介護認定を受けられた方へ調理、掃除、買い物などの生活援助や、入浴や排泄といった身体上の介助を行うサービスです。

○「予防訪問介護事業」

要支援認定を受けられた方へ調理、掃除、買い物などの生活援助や、入浴や排泄といった身体上の介助を行います。利用者様と一緒にすることで、訪問介護事業に比べより自立支援を促すサービスです。

○「居宅介護・重度訪問介護」(障害福祉サービス)

身体障害者認定を受けられた方を対象に、自宅での生活援助や身体介助を行うサービスです。

○「安心サービス」

介護保険適応がされにくいサービス(衣替えや年末の大掃除といった定期的に行わないような作業や、病院受診の付き添いなど)をお手伝いするサービスです。

<利用者様とヘルパーとの関わりの紹介>

身体介助は専門の研修を受けた者(以下ヘルパー)が行い専門的な知識が必要なことはイメージしやすいと思いますが、生活援助について「ヘルパーと家政婦ではどうちがうの?」という質問がたびたび聞かれます。そこでお食事に目を向けて利用者様とヘルパーとの関わり方をご紹介いたします。

さよ子様(仮名)は、体調が悪くベッドで寝ていることが多い方です。サービス開始当初は、ヘルパーが食べたいものを聞いて食事を準備し、できたときやっとの思いで体を起こし召し上がっていました。ヘルパーは、訪問するたびにベッド端に座ってもらい、飽きさせぬよう世間話をしながら食事の準備をしました。ヘルパーの目的は会話を楽しみにしてもらうこともありました。しかし、1番の目的は少しでも体力を戻してもらうために座っている時間を作ることでした。徐々に体力もついてきて半年後にはヘルパーのそばで柱につかまりながらですが調理の時間は立っていられるようになりました。「砂糖は、そうそう、それくらい」と一緒に調理を楽しむことができるようになって食欲も増してきました。「もっともっと元気になりたい。やめていた園芸もできるようになるかも」と生活に楽しみを持てるようになりました。

最初はさよ子様にとってご飯を作ってもらうためのヘルパーだったかもしれませんが、私達はさよ子様がおいしい食事を食べることに加えて自分で出来ることは何か、半年後、お元気になるにはどんなサービスが必要かを考えて提供するという自立支援を大切にしています。

 

交通のご案内

●鹿児島交通バス(乗車時間)

  ・谷山電停乗車 大園下車(約10分)
   11番線(鹿児島駅行き)
   21番線(星ヶ峯ニュータウン行き)

  ・谷山電停乗車 竹ノ迫西下車(約10分)
   37番線(星ヶ峯ニュータウン行き)

  ・星ヶ峯乗車  竹ノ迫西下車(約20分)
   37番線(谷山電停(イオン)行き)

  ・鹿児島中央駅前乗車 大園下車(約30分)
   11番線(中山・谷山電停(イオン)行き)

 

●車でお越しの場合

  谷山電停より7分


大きな地図で見る

お問い合わせ

お気軽にご相談ください。 電話:099-263-6515

Copyright(c) 社会福祉法人鹿児島虹の福祉会 All Rights Reserved.〒891-0105 鹿児島県鹿児島市中山町5028番地80 TEL:099-267-3977 FAX:099-267-3180

Top